離婚を決意したら準備すべきこと

 

 

離婚を決意したら、まずはお金の準備が必要です。新生活を始めるためにはアパートなどの契約や、引っ越し費用、生活用品を揃える資金や生活費が必要になります。まとまった自分名義の貯蓄の無い専業主婦の場合は、決心を決めたらパートなど、とにかく職探しをして、資金作りと今後の生活費を稼ぐ手段を見つけることが先決です。資金が準備できたら、次に引っ越す先の住居を決めます。アパートなどは保証人が必要になるため、予め両親や頼れる親類、会社の上司など、保証人になってもらえる人を探しておく必要があります。保証人を見つけたら、あとは不動産業者と契約の手続きをして、引っ越しの日取りを決めます。荷物は単身用住居にはたくさんは持っていけないので、必要なものと不要なものを分け、後者はリサイクルショップなどで処分します。また、引っ越しも一人でする場合がほとんどなので、業者に連絡して単身用の引っ越しプランを利用すると効率よく引っ越しをすることができます。新生活の準備とともに、役所で住民票を移す手続きをすることも忘れてはいけません。婚姻を解除しても住民票を移す手続きをしなければ、同居人という形で残ってしまいます。住民票の手続きが済めば、晴れて準備完了となります。