財産分与について~何が誰のものなのか

 

 

夫婦が別れる場合、夫婦の間ではもう別れることは決定していても、財産分与などの手続き上の問題で話し合いが長引くことがあります。預金や金銭的なものは夫婦で管理している物を全部合わせて平等に分与したり、比較的うまく分与しやすいので楽なのですが、大変になってくるのがローンを抱えた住宅を所有している場合です。支払いを終えているローンであれば住宅を売ってしまうことも可能ですし、どちらかが住み続けていくのも問題ないでしょう。しかし、たいていの場合はローン支払い中で、名義も旦那側、ローンも旦那側が支払い中の場合が多いので、住宅は旦那側のものになってしまうことが多いです。妻側が住宅に住み続けるとなった場合は名義変更などの手続きが可能かどうかも銀行への確認が必要でしょう。その時妻側にローンを支払っていくだけの力があれば名義変更して住宅も妻側のものにすることができますが、力がない場合、財力がない場合は住宅は手放すことを考えなければなりません。その他自分名義のものは自分のものになりますから、車などの名義も見直しておきましょう。分与するとき名義というのはとても大事になってくるので、何かを契約するときには注意したほうがいいでしょう。