面接交渉権とは

 

 

長年連れ添った夫婦でも、訳あってこれ以上夫婦生活を続けていけないときもあります。そんな時夫婦二人だけの別れであれば書類の手続きも楽ですが、まだ義務教育が必要な子供がいた場合は養育費の問題も含め手続きもたくさん必要です。そしてたとえ親権を手放したとしても、子供の親である事実に変更はありませんから、一緒に暮らさない側にも定期的に子供に会う権利というのはちゃんとあります。親権をもっていなくても会いたいと感じるのであれば、申し立てをすることができます。どのくらいの期間でどれくらい合うのか、こういった子供との面会の権利を面接交渉権といいます。この権利は子供と定期的に顔を合わすことができる大事な権利ではありますが、何らかの理由があって子供が会いたくないと思っている場合や、親権をもっていない側も会いたくないと主張している場合は放棄することもできます。また、子供に危害があるのではないかと疑われる場合は面会を希望していても面会の回数が制限されることもありますので、双方の話し合いや意見を取り入れて決定していくことが必要になります。そしていかなる場合も、子供の気持ちを考えて決定されることが子供の教育、成長にも望ましいでしょう。