監護権とは

 

 

監護権というものは親権の中の本質であり、保護者が未成年の子どもに対する権利であって民法の規定にあるものです。刑法でも保護されているものですが、同時に義務でもあるので保護者の子どもなどの監護を怠り、その保護する子どもの身体や姓名に危険が生じた場合に保護責任者遺棄罪として処罰されることがあります。
親権に関しては上記の権利に加えて、財産を管理する権利や義務も含まれます。この2つの権利はもともとひとつのものとして考えられますが、それぞれを別々に切り離すことも考えられます。未成年の子どもを持つ親の場合は親権者が夫婦間のどちらかに定められます。そこでたとえば父親を親権者、母親を監護者として定めるなどです。
しかし監護者が子どもをある学校に進学させたいが親権者がそれを認めないなどという、方針の違いによってトラブルが起こったとすれば子どもに悪影響を及ぼすとし、家庭裁判所が親権者と監護者を切り離すことを認めるケースはめったに見られません。
夫婦のどちらか一方が子どもを連れて別居した際に、他方が子どもを返すように供給してトラブルになることがあって問題になり話し合いで解決出来ない場合は、家庭裁判所から監護者指定の調停または審判を申し立てて決めることになります。