慰謝料を請求するかどうか

夫婦関係が破綻することになって、婚姻関係の解消ということになった場合には、夫婦の一方から相手への慰謝料の請求、といったことが為される場合があります。この問題は、夫婦関係の解消が起こるという場合に、必ず発生するというわけではありません。しかし、これには様々な条件があるわけで、この条件のいずれかに該当する事由がなければ、そうしたものを請求することはできないわけです。これは最終的には、家庭裁判所でその是非の判断を仰ぐことになってしまうわけですが、いずれにせよ、夫婦間の不和から来る問題というものには、いろいろと微妙で複雑に絡み合っているものがあるために、これはなかなかにやっかいな問題である場合が多いわけです。そうした請求が出た場合には、裁判者は夫婦の双方から詳しく事情を聞くことで、その是非の判断をして、裁定を下すことになるわけなのですが、それもなかなかすんなりとは運ばないものです。さらには、その夫婦間に子供がある場合などには、なおさらのこと、それが面倒なものとなってしまいます。

結局、そうした請求が為された場合には、その個別事情に応じて、その場合場合の判断で裁定が為されている、というのが実態なのではないのでしょうか。