夫婦で取決めた事柄を公正証書にしましょう

 

 

慰謝料の額や養育費の支払いについて、又は子供との面会権などの取り決めを夫婦間で決めるときに、後々揉める事が無いように公正証書を作る事をお勧めします。
そうすれば支払いが滞ったり、文面に書いてある事を違反した場合は強制執行などの手段に出ることも可能なのです。
作り方は、一番確実なのは司法書士などの専門家に依頼する方法です。
高額な相談料はかかりますが、その分しっかりと要望に沿った文書を作成してくれ、煩雑な手続きなども一手に引き受けてくれるので、面倒くさがりな人にはオススメです。
そんなお金は払いたくない!という人は、自分達で作る事も可能です。
それにはまず、どのような取り決めをするのかという事を分かりやすく書面でまとめておき、公証役場へ行きます。公証役場とは、市町村に必ずある公的機関で、メモを基にきちんとした文書を作成してくれます。
そして作成された後は、公証役場にも控えが保存されるので、万が一紛失した時でも安心です。
養育費の不払いなどが取り立たされる昨今ですが、万が一の時に強制執行できるように、しっかりと文面にその旨を記載しておく事が大切です。
決して口約束だけで終わらない為にも、きちんとした文書を作成しておきましょう。”