‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

監護権とは

2014/02/17

 

 

監護権というものは親権の中の本質であり、保護者が未成年の子どもに対する権利であって民法の規定にあるものです。刑法でも保護されているものですが、同時に義務でもあるので保護者の子どもなどの監護を怠り、その保護する子どもの身体や姓名に危険が生じた場合に保護責任者遺棄罪として処罰されることがあります。
親権に関しては上記の権利に加えて、財産を管理する権利や義務も含まれます。この2つの権利はもともとひとつのものとして考えられますが、それぞれを別々に切り離すことも考えられます。未成年の子どもを持つ親の場合は親権者が夫婦間のどちらかに定められます。そこでたとえば父親を親権者、母親を監護者として定めるなどです。
しかし監護者が子どもをある学校に進学させたいが親権者がそれを認めないなどという、方針の違いによってトラブルが起こったとすれば子どもに悪影響を及ぼすとし、家庭裁判所が親権者と監護者を切り離すことを認めるケースはめったに見られません。
夫婦のどちらか一方が子どもを連れて別居した際に、他方が子どもを返すように供給してトラブルになることがあって問題になり話し合いで解決出来ない場合は、家庭裁判所から監護者指定の調停または審判を申し立てて決めることになります。

子供の養育費の考え方

2014/02/17

 

 

仕事を真面目にする相手ならば養育費の相談を弁護しに依頼することで話しは決着します。
ですが、その方の働く仕事が正規社員なのか派遣社員なのか契約もしくはアルバイトなのかによっても収入に違いがありますし、一人で生活する分だけで余分に支払うお金がない場合もあり契約上印を押していてもこればかりはその時期にならないとわからないこともあるのです。
そして、実際に支払われるかどうかわからない現実になったその場合はどうしたらいいのか、子供を育てている親は考えなくてはならないのです。
成長していく子供は、小学生になり中学生どんどん学費代が嵩んでいきます。
学資保険をかけているのなら少しは何とかなりますけれど、それだけでは足りなくなる可能性もあります。
なので、月々の収支は計算し毎月いくら必要なのか大まかでも金額を出しておく必要があるのです。
子供が経済的に自立するまで必要とされる生活費、学費などのお金です。
お互いの話合いだけではなかなか進みませんが、弁護士を通して頻繁に話合いをしていくことで相手側も支払いをしてくれるようになります。
その参考費用データも5千円から50万円と金額に大きな差があります。
たとえ少額でも子供の成長の手助けとなるのです。

 

面接交渉権とは

2014/02/17

 

 

長年連れ添った夫婦でも、訳あってこれ以上夫婦生活を続けていけないときもあります。そんな時夫婦二人だけの別れであれば書類の手続きも楽ですが、まだ義務教育が必要な子供がいた場合は養育費の問題も含め手続きもたくさん必要です。そしてたとえ親権を手放したとしても、子供の親である事実に変更はありませんから、一緒に暮らさない側にも定期的に子供に会う権利というのはちゃんとあります。親権をもっていなくても会いたいと感じるのであれば、申し立てをすることができます。どのくらいの期間でどれくらい合うのか、こういった子供との面会の権利を面接交渉権といいます。この権利は子供と定期的に顔を合わすことができる大事な権利ではありますが、何らかの理由があって子供が会いたくないと思っている場合や、親権をもっていない側も会いたくないと主張している場合は放棄することもできます。また、子供に危害があるのではないかと疑われる場合は面会を希望していても面会の回数が制限されることもありますので、双方の話し合いや意見を取り入れて決定していくことが必要になります。そしていかなる場合も、子供の気持ちを考えて決定されることが子供の教育、成長にも望ましいでしょう。

親権はどちらが持つのか

2014/02/17

 

 

監護権というものは親権の中の本質であり、保護者が未成年の子どもに対する権利であって民法の規定にあるものです。刑法でも保護されているものですが、同時に義務でもあるので保護者の子どもなどの監護を怠り、その保護する子どもの身体や姓名に危険が生じた場合に保護責任者遺棄罪として処罰されることがあります。
親権に関しては上記の権利に加えて、財産を管理する権利や義務も含まれます。この2つの権利はもともとひとつのものとして考えられますが、それぞれを別々に切り離すことも考えられます。未成年の子どもを持つ親の場合は親権者が夫婦間のどちらかに定められます。そこでたとえば父親を親権者、母親を監護者として定めるなどです。
しかし監護者が子どもをある学校に進学させたいが親権者がそれを認めないなどという、方針の違いによってトラブルが起こったとすれば子どもに悪影響を及ぼすとし、家庭裁判所が親権者と監護者を切り離すことを認めるケースはめったに見られません。
夫婦のどちらか一方が子どもを連れて別居した際に、他方が子どもを返すように供給してトラブルになることがあって問題になり話し合いで解決出来ない場合は、家庭裁判所から監護者指定の調停または審判を申し立てて決めることになります。

夫婦で取決めた事柄を公正証書にしましょう

2014/02/17

 

 

慰謝料の額や養育費の支払いについて、又は子供との面会権などの取り決めを夫婦間で決めるときに、後々揉める事が無いように公正証書を作る事をお勧めします。
そうすれば支払いが滞ったり、文面に書いてある事を違反した場合は強制執行などの手段に出ることも可能なのです。
作り方は、一番確実なのは司法書士などの専門家に依頼する方法です。
高額な相談料はかかりますが、その分しっかりと要望に沿った文書を作成してくれ、煩雑な手続きなども一手に引き受けてくれるので、面倒くさがりな人にはオススメです。
そんなお金は払いたくない!という人は、自分達で作る事も可能です。
それにはまず、どのような取り決めをするのかという事を分かりやすく書面でまとめておき、公証役場へ行きます。公証役場とは、市町村に必ずある公的機関で、メモを基にきちんとした文書を作成してくれます。
そして作成された後は、公証役場にも控えが保存されるので、万が一紛失した時でも安心です。
養育費の不払いなどが取り立たされる昨今ですが、万が一の時に強制執行できるように、しっかりと文面にその旨を記載しておく事が大切です。
決して口約束だけで終わらない為にも、きちんとした文書を作成しておきましょう。”

慰謝料を請求するかどうか

2014/02/17

夫婦関係が破綻することになって、婚姻関係の解消ということになった場合には、夫婦の一方から相手への慰謝料の請求、といったことが為される場合があります。この問題は、夫婦関係の解消が起こるという場合に、必ず発生するというわけではありません。しかし、これには様々な条件があるわけで、この条件のいずれかに該当する事由がなければ、そうしたものを請求することはできないわけです。これは最終的には、家庭裁判所でその是非の判断を仰ぐことになってしまうわけですが、いずれにせよ、夫婦間の不和から来る問題というものには、いろいろと微妙で複雑に絡み合っているものがあるために、これはなかなかにやっかいな問題である場合が多いわけです。そうした請求が出た場合には、裁判者は夫婦の双方から詳しく事情を聞くことで、その是非の判断をして、裁定を下すことになるわけなのですが、それもなかなかすんなりとは運ばないものです。さらには、その夫婦間に子供がある場合などには、なおさらのこと、それが面倒なものとなってしまいます。

結局、そうした請求が為された場合には、その個別事情に応じて、その場合場合の判断で裁定が為されている、というのが実態なのではないのでしょうか。

財産分与について~何が誰のものなのか

2014/02/17

 

 

夫婦が別れる場合、夫婦の間ではもう別れることは決定していても、財産分与などの手続き上の問題で話し合いが長引くことがあります。預金や金銭的なものは夫婦で管理している物を全部合わせて平等に分与したり、比較的うまく分与しやすいので楽なのですが、大変になってくるのがローンを抱えた住宅を所有している場合です。支払いを終えているローンであれば住宅を売ってしまうことも可能ですし、どちらかが住み続けていくのも問題ないでしょう。しかし、たいていの場合はローン支払い中で、名義も旦那側、ローンも旦那側が支払い中の場合が多いので、住宅は旦那側のものになってしまうことが多いです。妻側が住宅に住み続けるとなった場合は名義変更などの手続きが可能かどうかも銀行への確認が必要でしょう。その時妻側にローンを支払っていくだけの力があれば名義変更して住宅も妻側のものにすることができますが、力がない場合、財力がない場合は住宅は手放すことを考えなければなりません。その他自分名義のものは自分のものになりますから、車などの名義も見直しておきましょう。分与するとき名義というのはとても大事になってくるので、何かを契約するときには注意したほうがいいでしょう。

離婚するときに協議しなければならない事

2014/02/17

 

 

結婚をした後、様々な事情から婚姻関係を維持することができなくなった場合、離婚は1つの選択肢となります。しかし、夫婦が離婚届けにサインをして役所に提出し、どちらかが家を出て別々に暮らすというだけでは離婚は不十分です。手続きとしては離婚は成立しているかもしれませんが、いくつか事前に協議しておかなければならないことがあります。
まず、養育費について決めておかなければなりません。養育費とは子どもを監護、教育するために必要な費用です。離婚するとどちらかが子どもと離れて暮らすことになりますが、子と親という関係は不変のものですので、その関係を良好なものとするためにも、事前に金額、支払時期、支払期間、支払方法などを決め、後にトラブルになることを避けるために書面に残しておく必要があります。次に、面会交流について取り決める必要があります。子どもは離婚を自分の責任ではないかと考えてしまうことがあります。それを防ぐ意味でも面会交流の方法や時期、回数などを決め、さらに親同士が守らなければならないルールも決め、養育費の場合と同様、書面に残して後のトラブルを避けるようにします。
以上のように、離婚協議においていくつかの決め事をして、子どもの成長、将来に不利益にならないようにする必要があります。

離婚を決意したら準備すべきこと

2014/01/29

 

 

離婚を決意したら、まずはお金の準備が必要です。新生活を始めるためにはアパートなどの契約や、引っ越し費用、生活用品を揃える資金や生活費が必要になります。まとまった自分名義の貯蓄の無い専業主婦の場合は、決心を決めたらパートなど、とにかく職探しをして、資金作りと今後の生活費を稼ぐ手段を見つけることが先決です。資金が準備できたら、次に引っ越す先の住居を決めます。アパートなどは保証人が必要になるため、予め両親や頼れる親類、会社の上司など、保証人になってもらえる人を探しておく必要があります。保証人を見つけたら、あとは不動産業者と契約の手続きをして、引っ越しの日取りを決めます。荷物は単身用住居にはたくさんは持っていけないので、必要なものと不要なものを分け、後者はリサイクルショップなどで処分します。また、引っ越しも一人でする場合がほとんどなので、業者に連絡して単身用の引っ越しプランを利用すると効率よく引っ越しをすることができます。新生活の準備とともに、役所で住民票を移す手続きをすることも忘れてはいけません。婚姻を解除しても住民票を移す手続きをしなければ、同居人という形で残ってしまいます。住民票の手続きが済めば、晴れて準備完了となります。